カートをみる マイページへログイン サイトマップ
RSS

Sylvia's Pointe Shoes -English-

バレエのレッスンでレオタードを着るのは、しっかりとバレエの動きが出来ているか、体のラインを確認する為です。バレエには足や腕の決められたポジションがあり、先ずはこの基本の動きを覚える事から始まります。
初めてレオタードを選ぶ際のポイントは、一枚で着られて着回しが効く事。色はダーク系で、袖付きがオススメです。袖付きは二の腕をサポートしてくれ、濃い色なら透ける心配も無く一枚で着られます。胸元にポイントのあるデザインを選ぶと、バストトップも気になりません。不安な方は、ボディファンデーションを着ると安心です。

レッスンでは、普段使わない足裏の筋肉を、しなやかで強くなる様に少しづつ鍛えてゆきます。バレエシューズはトウシューズと違い、布製で柔らかく、床を感じられる作りになっています。シューズの底はスウェードで出来ており、滑りにくくなっています。このスウェード底が前後二つに分かれた「スプリットソール」タイプと、繋がった「フルソール」タイプがあります。初めての方には、安定感があり、足裏の筋肉を鍛えられる「フルソール」がオススメです。足先を革で補強した前皮タイプは耐久性があります。

バレエシューズのサイズ選びは、普段の靴より0.5〜1.0cm位大きいサイズを選びます。両足に体重を均等にかけて真っ直ぐに立ち、全ての足指が曲がる事無く伸ばせる長さがあり、ふちのゴムを強く引かなくてもフィットする靴幅が理想です。 次に、膝を曲げたり伸ばしたり、背伸びで足指側へ体重をかけたりして、痛い部分が無いか確認します。バレエは足先の美しさが重要なポイントとなる為、たるみの無いジャストサイズで履きましょう。 ふちのゴムはシューズを履きながら少しずつ引いてサイズ調整し、蝶結びにしてから甲の内側へしまいます。踊っていて出て来てしまったら、その都度しまう様にしましょう。ゴムを短く切って、先を内側にしまい込む様に縫い付けてしまうと、出てくる心配がありません。

足の筋肉を正しく使えているかを分かり易くする為、薄いピンク色が基本です。足が太く見えてしまいそうで心配な方は、幾つかある色の中で、ベージュ寄りのピンクを選ぶと良いでしょう。また、シューズの色に近い方が、色が繋がって脚が長く見えます。

タイツの足先は、つま先までを覆う「フーター」タイプと、タイツを履いたまま足先のケアが出来る、足裏に穴のある「コンバーチブル」タイプがあります。ピンクタイツに抵抗のある方は、タイツの上から七分丈程度の黒いスパッツを履いても良いでしょう。

ボディファンデーションはレオタード姿をより美しく見せる為のアイテムです。
必ず着る必要はありませんが、パットを差し込めるタイプは、バストを程良く固定し、ラインもより美しく見えます。また、レオタードを汗から守り、長持ちさせる他、薄い色のレオタードの発色をより綺麗にします。
種類が幾つかあるので、レオタードの背中の開き具合や、足ぐりの位置に合わせて選んでください。
ショーツもレオタードのカッティングに合った、縫い目がひびきにくいダンス用を選ぶと、よりスッキリと着こなせます。

レオタード・タイツ・バレエシューズの基本アイテムにプラスして、トップスやボトムスで、もっとレッスンを楽しみましょう!洋服のコーディネイトの様に楽しく、でもバレエを習うのだから、体のラインは隠さずに、バランスの良いウェア選びを心掛けてください。

脚のラインが確認し易い、35〜40cm丈の巻スカートかショートパンツが基本です。スカートなら、無地よりも花柄など模様入りの方が体型をカバーし易く、ショートパンツなら、裾が少し広がった体のラインを強調しないデザインがオススメです。ショートパンツとスカートが一体化したスパッツ付きスカートやキュロットも人気です。

温度調節に一枚持っていたいトップス。バレエでは、首筋から肩へと繋がるラインの美しさを重視する為、首まわりは隠さないのが基本。そして、骨盤が正しい位置にあるか、水平ラインをチェックする為にウエスト部分を隠さない事も重要です。襟ぐりが広く開いていて、ウエスト位置が見えるショート丈トップスがオススメです。

レッスン前の足を冷やさない為にはレッグウォーマーが有効です。ストレッチの際、冷たい床から足を守ってくれます。足首だけの短いタイプから、太ももまでのロングタイプまで、様々な長さがあります。体が十分に温まったら脱ぐのがベストですが、レッスン中も使用する場合は足に密着して落ちない物を選びましょう。足の甲まで覆う事が出来る、かかと穴あきタイプもあります。